ナスカンとはリードと首輪を連結する金具のことです。漢字では茄子環と書くようです。衝撃のかかる部品なので金属製で、わが家のリードについているものは結構な重さがあり頑丈です。

ある日、犬を連れて散歩していました。帰り道なので犬も私も少し疲れてノロノロ歩きだったかもしれません。犬はほとんど私の横か少し後ろをついてくるのですが、なんとなくリードが軽く感じたので何だろうとよく見たら、リードが犬の首から外れています。しばらくリードが外れたまま歩いていたようです。応急処置としてリードを犬の首のチェーンに結んで帰ってきました。

帰ってからよく見るとナスカンが分解していました。部品が破損したわけではありません。中心の穴からナスカンが抜けたのですが、どこをいじっても元にもどりません。まるで知恵の輪のように天文学的な確率で偶然が重なって抜けてしまったのでしょう。

わが家では同じリードを3本使っていましたが、この事件以来2本になってしまいました。2度と起こらないようなことなのですが、心配になってしまい、予備のチェーンとリードを持つようになってしまいました。