最終的に落ち着いたドライフードとおやつ

アカナフード犬の食べもの

愛犬には色んなものを食べさせてあげたいと思うものです。しかしわが家では最終的には食べ物よりはスキンシップを重要と考えて以下のものだけに落ち着きました。

ドライフード

わが家の犬は胃腸が弱いこともありドライフードには苦労しました。

ドライフード遍歴

ブリーダーが「ロイヤルカナン」を与えていたので最初はブリーダーから購入したロイヤルカナンでした。子犬の頃はよく食べていたのですが7カ月頃から下痢をしたり、食べなくなったりしました。その後はペットショップで売られているユーカヌバや色々なものを試してみましたが、受け付けてもらえませんでした。

ペットショップでは買えない国産の「ワンフー」も良いとの評判を聞いて試しましたが、結局大量のフードを廃棄することになりました。

わが家の犬の好みに合わなかったということです。製品の問題ではありません。

オリジン

最終的にはオリジン(Origen)で落ち着きました。オリジンは最初から不思議なほどよく食べてくれました。穀物不使用でほとんどの原材料が肉というのは犬にとっては嫌う理由がありません。輸入品なのに添加物不使用というのは逆に心配ではありますが中国産ではないので気にしないことにしました。やや高価ではありますが、わが家の犬にはベストのフードです。

アカナ

老犬の年齢になってからはアカナ(ACANA)のシニアにしましたがオリジンがダメになったわけではありません。オリジンもアカナも同じ会社の製品です。老犬になって両方を試してみたのですが、オリジンのシニアもアカナのシニアもどちらも同じように食べて体調も変化がないのです。価格が少し安いアカナに落ち着いたわけです。

amazonでオリジン(Origen)製品を探す

amazonでアカナ(ACANA)製品を探す

ささみジャーキー

国産ささみジャーキー200g

おやつは1歳の頃までは色んなものを買ってきて与えていました。おやつが美味しくて、ごはんを食べなくなったこともあります。そしておやつはささみジャーキーだけにしました。

中国製ジャーキー

ペットショップでは小型犬用の小さな製品しか売ってなかったので、1キロ単位のものをインターネットで購入していました。当初は気にしていなかったのですが、すべて中国製でした。実際にわが家の犬はジャーキーなら何でも食べました。

しかし急にささみジャーキーがインターネット市場から消えたことがあります。おそらく中国製の食品が問題になった頃なのでその影響でしょう。この時期にアメリカの大手ペットショップでは中国産のペットフードは販売しないと宣言したのです。そこでわが家でも犬の食べ物だけは中国産をやめようと決めました。

国産ジャーキー

国産ジャーキーを探すのには苦労しました。しかしある時から全国展開のホームセンターで国産のささみジャーキーを販売しているのを見つけたのです。当時の価格は800グラム(200g袋x4)で1,580円でした。その後1,980円に値上がりしていました。中国製と比較すると高値です。

余談ですが、このホームセンターの通販では同じ製品がもっと高値で販売されていました。

食事回数

わが家では食事は1日2食です。朝食と夕食です。人間と一緒に同じ場所で食べます。わが家の犬は牛乳が大好きで人間用の低脂肪牛乳もフードと一緒にガブ飲みします。本来は犬に牛乳は良くないようですがわが家の犬は牛乳が大好きで何も問題が起きません。
おやつはお昼と3時の2回が基本です。

まとめ

犬の健康のためには主食はドライフードが良いと思います。犬は食べ物を咀嚼(そしゃく)しないで飲み込みますので、ドライフードは濡らして食べさせてください。子犬の頃からのフードが問題なければそのままで良いと思います。ドライフードは無理に変える必要はありません。

もしフードを変えるならば高価になりますがタンパク質の多い良質なものが好ましいと思います。

おやつも色んなものを与えたくなりますが、ある程度限定して決まったものを与えたほうが良いです。食べ物は決まったもので我慢して、その他のことで楽しい生活を送ることを考えてみてはどうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました