上の写真はわが家の犬が5カ月頃のものです。この頃は写真のような自作のフェンスを使用していました。犬用のサークルやフェンスは数多く販売されていますが、大型犬用のものはあまり多くありません。またフェンスの高さが必要以上に高いものだったり屋外の使用を前提としたものばかりです。何よりもわが家ではフェンスは一時的なものと考えていたので手作りすることにしました。頑丈な柵を作れば良いわけです。

写真ではわからないかもしれませんが、材料はホームセンターで買えるものだけです。外枠は2×4材です、182センチでわが家の近所では250円前後で買えます。格子は金属のパイプですが、これは農業用のビニールハウス用のパイプです。直径19ミリだったと思います。ホームセンターで60センチに切断してもらいました。フェンスをつなぐのは、丸カンです。これを金属の棒(ロープ止めというらしいです)で連結しています。単純な構造なのですが、頑丈です。

上の絵がイメージです。DIYが趣味の方は容易に理解できると思います。フェンスの高さは約80センチです。茶色の枠が2X4材で、灰色の棒がビニールハウス用のパイプです。両側の4つの丸いのが丸カンという金具です。右側の大きな丸カンのようなものが金属の棒ですが、ロープ止めという60センチの金属の棒です。どれもホームセンターで売っているものです。安上がりで元気な犬が破壊しようとしても簡単には壊れません。今は必要ないので解体してしまいましたが、犬が大人になるまでは役に立ちました。

犬を庭で飼おうとしている人は立派なサークルフェンスを買ったほうが良いでしょうが、私のように室内で一緒に暮らしたいならフェンスは一時的なものなので安上がりで済ますことが良いのではないでしょうか。