犬にとって噛むことは重要な行為です。もちろん人を咬んだりしてはいけません。子犬の頃は何でも咬みます。自由にさせておくと家具など破壊されてしまいます。子犬といっても大型犬のパワーは強大です。金属以外の材質のものはほとんど破壊の対象です。わが家では壁の石膏ボードに大きな穴を開けられたことがあります。

家を破壊されないためにも、噛んで良いものと悪いものを教えなければなりません。そのために噛んで遊べるおもちゃは必要です。子犬用のおもちゃはたくさん売ってますが、いつまでも子犬のおもちゃで遊ぶわけにもいきません。ヒヅメは食べてもよいものなので、おやつと考える人もいます。何時間もかけて噛んで食べてしまう犬もいます。骨のおやつと同じです。犬はタンパク質の消化がとても早いようです。

わが家の犬はヒヅメは食べませんが、ヒヅメを噛むのは大好きです。骨ガムよりも好きです。若くて元気な頃には、犬の居場所周辺にはヒヅメがたくさん転がっていました。食べないで転がっているヒヅメは適当に傷がついたり破損したものはゴミとして処分します。近所のペットショップでは高価なものしか売っていませんでしたので、わが家ではインターネットで安いものを探して100個単位くらいで購入しています。