大型犬の居場所

犬の居場所とは犬が常に居るべきスペースのこと定位置のことです。最終的にはどこか邪魔にならない場所に用意してあげれば良いのですが、リビングとかダイニングのような家族が集まるところや家族が見えるところが良いでしょう。犬の居場所は常にそこに居なければならない訳ではなくて、家族が揃っているときなど犬はその足元に寝ていてもよいのです。お客様が来たときなどに犬が自分の居場所でおとなしくしているためのものです。

犬用マット

犬の居場所はマットのようなものを敷いてあげれば十分です。犬も自分の臭いが付いたマットが自分の居場所だと思うようになります。わが家でもリビングとダイニングの横の2か所に大型犬用のマットを敷いています。

大型犬用のマットは満足できる大きさのものが少ないで、多少小さめでも我慢しましょう。数十万円もする外国製の革張りマットなら大きなものもありますが、わが家は貧乏なDIY派なので興味がありません。

マットは汚れますので何年も使えません。洗えるようなマットもありますが、最終的には潰れてぺしゃんこになります。廉価なものを定期的に購入したほうが衛生的です。

ハウス

犬の居場所としてバリケンネルのようなハウスを置いている家庭もあります。お客様が来たときなどにハウスでおとなしく待つようにすれば便利です。わが家でも最初はハウスを用意しました。ブリーダーが必要だと言うので犬を迎える前に大型のハウスを用意しました。わが家が犬を迎えたブリーダーは、シェパードは外で飼うものと言う高齢のブリーダーであり、昔ながらの警察犬訓練士でしたので、ハウスは必要という考えの方でした。犬小屋にもなり、複数の犬を車に乗せるときにも便利なものという考えです。

確かに、犬はもともと穴を掘って暮らしていたようで、窮屈な狭い場所が好きで安心するようです。ハウスも真中は膨れて床の面積は狭く作られています。

しかしわが家ではハウスは必要ないと判断し処分しました。1年間ぐらいはハウスを置いていたのですが、犬を観察しているとハウスは自分の空間であると同時に「逃げ場」にもなっていると感じたからです。例えば犬は叱られたり危険を感じると「逃げ場」に隠れます。犬にストレスを感じさせると「逃げ場」に隠れます。

そうすると人間と犬の心の距離が離れます。犬にストレスを感じさせ、人間が犬に密着してストレスを解消しながら人間の愛情のなかで安心することを教えるのが森田式のしつけ法です。この考えに基づけばわが家ではハウスは必要ないと選択したのです。これはわが家の選択です。すべての家庭で必要ないということではありません。

私は犬とベタベタしながら暮らすことを選択したので、犬の逃げ場は必要なく、家全体が安心できる場所にしようと考えたのです。

夜は私のベッドの横で寝ていますので、夜の居場所も用意しています。ハウスの中で小さくなって寝ているよりも、マットからはみ出して腹をだして安心して寝ていられるようにしたのです。

できれば暗いリビングで寂しく朝を待つよりも、一晩中人間の側にいられるような場所をつくってあげてください。

サークル・フェンス

犬の居場所はマットでもハウスでもどちらでも良いのですが、それは成犬になってからのことです。やんちゃ坊主の時期は囲いが必要です。サークルとかフェンスと呼ばれているものが必要です。

フェンスがいつ頃まで必要かは一概に言えませんが、私の場合は1年半まで使用していました。子犬の時期は高さ60センチの金網のような連結式のものを使いました。安価なものですが最初の3か月位は十分役に立ちました。

その後は大型犬の体力に負けない丈夫なフェンスが必要になりますが、私は自作のフェンスで間に合わせました。(自作フェンスは雑記blogの「安上がりな自作DIYフェンス」で紹介しています。)ある程度成長するとフェンスから出られる時間をつくり最終的にはホームセンターで購入した高さ30センチの金網をフェンスとして利用しました。犬とは忠実なもので超えてはいけないと思えば、30センチのフェンスでもジャンプしないものです。

トイレも最終的には室外へ移せます。早ければ1歳になる前には室内トイレは必要なくなると思います。

そして徐々にフェンスも必要なくなります。

3.大型犬も室内で飼いましょう

5.大型犬と暮らす苦労も考える