シーサー

しつけにおいて最も重要なことはアイコンタクトだろうと思います。犬と人間が常に目を合わせることです。市販されているしつけの本などには人間の言葉に対して犬の行動を習慣づける方法がたくさん書かれています。確かに犬は同じことを繰り返すと学習して、多少嫌なことでも我慢して命令された行動をとるようになります。

しかし犬は人間の言葉を理解しているわけではありませんから、音に対する条件反応をしているだけです。おとなしい犬ならばこのような条件反応だけでも問題なく過ごせるかもしれません。英語で「シェイク」とか「ステイ」と命じてはおやつをあげて褒めます。場合によっては股の間をくぐらせるような「芸」をさせて賢い犬だと自慢もできます。

でもそんな賢い犬でも、散歩中にリードが離れてしまったら、いくら犬に「カム」だの「来い」だのと命令しても犬は逃げ回って鬼ごっごを楽しみます。家の外に出ると飼い主など目もくれず自分の行きたい方向にグイグイ歩いて行ってしまう犬ではしつけができているとは言えません。

こうすれば犬はこんな行動をとりますとか、犬にこうさせたいときはこのようにしますとか、そんなことばかり教えているトレーニングや練習はしつけではありません。いくら命じても犬が聞いていなければ意味がありません。よく考えてみてください、人が犬の名前を呼ぶと犬が人を見ます、目が合ってから人が命令をして犬が従います。この順序は変わりません、犬と目が合っていないときは何を言っても無駄です。

10年ほど前に、沖縄の那覇に行った際に、日本犬の雑種のような中型の犬が夕方の国際通りを散歩していました。よく見ると飼い主は10mくらい後ろを歩いています。犬は自由に歩いていましたが、この犬は常に振り返って飼い主を確認しているのです。飼い主も犬をしっかり見ています。だから犬と飼い主の距離は短くなることはあっても長くなることはありません。もちろんリードを付けないのは条例違反なので推奨できることではありませんが、私はこの犬と飼い主の関係がしっかりと確立されていると感じました。

おそらくこの犬は飼い主が呼べばすぐに戻ってきます。飼い主は言葉を使わなくてもこの犬は飼い主の目をみて理解すると思います。アイコンタクトができる良好な主従関係ができあがっていると思います。

アイコンタクトはどうやってトレーニングするのでしょう。アイコンタクトができない犬をどうやってしつけるのでしょう。そんな単純な方法はありません。アイコンタクトの意味は目を見ただけで意志が伝わることです、命令コマンドが必要なくなる関係になることです。

そのためには抽象的な言い方ですが、飼い主が犬にっとって信頼できる立場の人になることです。犬がこの人に従おうと思うことだと思います。犬のダメな行動は叱っても、犬が喜ぶスキンシップは欠かさないなど日常のすべてがしつけです。ただし叱るといっても人間の子供を叱るのと同じに考えてはいけません。犬に理解できるように叱らなければなりませんし、スキンシップも同様で「良い子良い子」と頭を撫でることでもありません。犬の性格を考えながら勉強しなければなりません。

わが家の犬も気質の強い犬で、最終的に森田式のしつけで救われたようなものですが、完全ではありませんが良好な主従関係になれたと思います。ナスカン事件でも書きましたがリードが外れて気付かずにしばらく散歩していましたが犬は私の後ろをいつもと変わらずついて来ました。また、近所の家庭農園に犬をつれて行きます。見通しの良い農地なのですが、冬には周囲の畑には誰もいないのでノーリードで自由にさせることがあります。犬は喜びますが私からあまり離れません。私が移動すると急いでついて来ます。常にチラチラと私を見ています。

ときどき農園と無関係の人が自動車で犬を連れてきて農道に放すことがあります。犬は喜んで200メートルくらいの農道を猛ダッシュで走り回ります。こんな犬に限って畑でウンチをします。苦情がでると犬を連れて帰りますが、こんな飼い主ですから犬は呼んでも戻りません。犬はなかなか捕まりません。

犬を放すのは条例違反ですから、誰であれ悪いことなのですが、犬との付き合い方は私は間違っていないと感じています。

室内で大型犬と暮らすにはアイコンタクトができるまで良好な関係を築きましょう。もちろん簡単なことではありません。犬が飼い主を認めてくれて、飼い主の愛情に守られて暮らすことを選択してくれれば築けます。市販のしつけの本には書いていないことなので私は上手に説明できませんが、興味のある方は森田式を学んでください。


「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」DVD2枚セット