走るシェパード

犬を飼っていても知らない人が多いようですが、熱中症は人間だけの病気ではありません。犬も人間と同じように熱中症になります。当然ながら重症の場合は死んでしまいますので飼い主が十分に注意をしてあげなければなりません。

熱中症は暑さなどで体温の調整ができなくなり、体温が上昇してしまい体のあちこちの機能が低下して最悪死に至る病気です。暑い炎天下の日中の病気のようなイメージがありますが、夜でも環境によっては発症するようです。また人間のように汗を蒸発させて体温調整ができない犬は湿度によっても熱中症になる可能性があるようです。
大型犬は小型の犬よりも暑さに弱いと言われています。セントバーナードなど誰が見ても暑さが苦手そうです。寒い地域の出身の犬、シベリアンハスキーやサモエドなども間違いなく暑さが苦手です。あれだけの毛皮を被っているわけですから、どの犬でも暑さには弱いはずです。

短毛の犬種は見た目はあまり暑さに弱いようには見えませんが、ブルドッグやボクサーのような鼻の低い犬や最近多いメタボな犬は体温調整が苦手のようです。

では熱中症とはどんな症状なのでしょうか。私も経験はないのですが、ハアハアと呼吸をしながら元気がなくなり目が充血していたら熱中症のようです。ハアハアと苦しそうによだれを大量に出したり嘔吐や下痢も熱中症のようです。いつもよりハアハアと元気がなければ熱中症を疑いましょう。

飼い主が呼んでも反応しなくなったり、痙攣したりするようなら危険な症状です。熱中症は動物病院へつれて行かなければ治療の方法がありません。またのんびりと観察するような余裕はありませんので、気が付いたらすぐに病院へつれて行きましょう。軽度の症状の場合はすぐに水を飲ませたり、体に水をかけるなどして体温を下げるようなことをしましょう。車に乗せて動物病院へ行く場合には車内の温度にも気を付けましょう。

予防法としては室温管理です。エアコンを使ってください。人間の体感温度ではなく温度計と湿度計を置いて管理しましょう。外で犬を飼っている人は、室内で飼ってください。人間と同じところで生活させれば良いだけです。犬は室内で飼うものです。

私は通勤バスから、おそらく雄の大きなバーニーズマウンテンドッグが庭で飼われているのを毎朝見ていますが、ここ連日の30度を超えるなか狭い日陰でハアハアと呼吸しながら横になっている姿を見て心配しています。私にはどうすることもできないので、何とか頑張ってほしいと願っております。

散歩も決まった時間にしなければならないことはありません。熱いアスファルトを裸足で歩かされる犬のことを考えれば、季節によっては散歩は日没後にしましょう。まあ人間がアスファルトを触ってみてから判断してください。体温を下げるような犬用のベストなんかも役に立つかもしれません。でも大型犬用のグッズは少ないです。

夏の車内も危険です。商業施設の駐車場で犬だけが車内でお留守番をしていることはよくあります。エアコンを使っているとはいえ炎天下では暑いものです。車内では犬用の水のことなど忘れていることでしょう。涼しい季節にもエアコンなしで車内でお留守番をしている犬がいますが、これも危険です。人間より犬は暑さに弱いことを忘れてはいけません。中途半端に犬を連れて外出するよりも、犬は涼しい家で留守番させたほうが安心です。

これからは日本の平均気温は上昇すると思われます。熱い季節が長くなりますので大切な愛犬の命を守ることを考えましょう。