走るシェパード

犬を飼っていても知らない人が多いようですが、熱中症は人間だけの病気ではありません。犬も人間と同じように熱中症になります。当然ながら重症の場合は死んでしまいますので飼い主が十分に注意をしてあげなければなりません。

熱中症とは何でしょう

熱中症は暑さなどで体温の調整ができなくなり、体温が上昇してしまい体のあちこちの機能が低下して最悪の場合、死に至る病気です。暑い炎天下の日中の病気のようなイメージがありますが、夜でも環境によっては発症するようです。また人間のように汗を蒸発させて体温調整ができない犬は湿度が高いことだけでも熱中症になる可能性があるようです。

犬は暑さに弱い動物です

大型犬は小型の犬よりも暑さに弱いと言われています。セントバーナードなど誰が見ても暑さが苦手そうです。寒い地域の出身の犬、シベリアンハスキーやサモエドなども間違いなく暑さが苦手です。あれだけの毛皮のコートを着ているわけですから、どの犬でも暑さには弱いはずです。

ひと昔前の話ですが、首都圏のセントバーナードの寿命は8年、北海道では10年と言われていたことを思い出します。暑さだけの問題ではないのかもしれませんが、やはり犬は暑さに弱いことは間違いありません。わが家の犬はジャーマンシェパードですが、冬は雪が降ると大喜びで元気に走り回りますが、夏は外に出たがりません。

短毛の犬種は見た目はあまり暑さに弱いようには見えませんが、ブルドッグやボクサーのような鼻の低い犬は体温調整が苦手なようです。これは簡単に言うと下を出して「ハアハア」する力が弱いということのようです。

また人間でも糖尿病などの生活習慣病の人は熱中症になりやすいようです。最近多いメタボな犬も注意が必要です。

熱中症の症状とは

では熱中症とはどんな症状なのでしょうか。私も経験はないのですが、ハアハアと呼吸をしながら元気がなくなり目が充血していたら熱中症のようです。ハアハアと苦しそうによだれを大量に出したり嘔吐や下痢も熱中症のようです。いつもよりハアハアと元気がなければ熱中症を疑いましょう。

飼い主が呼んでも反応しなくなったり、痙攣したりするようなら危険な症状です。熱中症は動物病院へつれて行かなければ治療の方法がありません。またのんびりと観察するような余裕はありませんので、気が付いたらすぐに病院へつれて行きましょう。

ただし病院へつれて行く途中でも犬の体温が上がってしまうと危険な状態になりますので、出発前に犬の体温を下げることを優先しましょう。

軽度の症状の場合はすぐに水を飲ませたり、体に水をかけるなどして体温を下げるようなことをしましょう。保冷材などで頭を冷やすことも効果的です。緊急時ですから扇風機でも何でも使いましょう。

車に乗せる前に、車内の温度はエアコンで十分に下げてましょう。

犬の暑さ対策

犬の暑さ対策のグッズは夏になると数多く販売されています。放熱効果のあるアルミや大理石のようなマットなどよく見かけます。しかしそんなグッズだけではダメです。部屋の温度を下げることが確実な暑さ対策です。エアコンで涼しくしましょう。

熱中症予防法としては室温管理が間違いない方法です。エアコンを使ってください。扇風機のようなもので少々の風を送っても涼しく感じるのは人間だけです。部屋全体の温度を下げてあげなければ犬は涼しく感じません。人間の体感温度ではなく温度計と湿度計を置いて管理しましょう。外で犬を飼っている人は、室内で飼ってください。人間と同じところで生活させれば良いだけです。犬は室内で飼うものです。

家全体を冷やす必要はありません。犬がいる部屋だけでもエアコンで涼しくしてあげましょう。犬はずっとその場所で一日を過ごします。わが家の犬も暑いのが嫌いで、少しでも暑いとハァハァハァハァとうるさいです。幸いにもわが家の犬の居場所はガラス張りの個室のようになっているので、犬専用のエアコンを取り付けています。最高気温が24度くらいの季節からエアコンを使っています。リビングやダイニングにも自由に行けるようになっていますが、ほとんど涼しい居場所で寝ています。夜も私と一緒にエアコンを使って寝ています。

私は通勤バスから、大きなバーニーズマウンテンドッグが庭で飼われているのを毎朝見ていますが、ここ連日の30度を超えるなか狭い日陰でハアハアと呼吸しながら横になっている姿を見て心配しています。私にはどうすることもできないので、何とか頑張ってほしいと願っております。

外出はよく考えて

さらに犬は裸足なので夏は注意が必要です。アスファルトの道路は熱くなります。人間は靴を履いていますのであまり感じませんが、一度裸足で歩いてみると良いでしょう。足の裏がやけどしますよ。手で触ってみてもわかります。犬にとっては火の海を歩かされているようなものです。直射日光も避けたいですが、夕方になって気温が落ちたからといって安心せずに路面の温度も考えてから外出しましょう。

決まった時間に散歩しなければならないことはありません。犬の気持ちを考えて行動しましょう。

夏の車内も危険です。商業施設の駐車場で犬だけが車内でお留守番をしていることはよくあります。エアコンを使っていても炎天下では暑いものです。車内では犬用の水のことなど忘れていることでしょう。涼しい季節にもエアコンなしで車内でお留守番をしている犬がいますが、これも危険です。人間より犬は暑さに弱いことを忘れてはいけません。中途半端に犬を連れて外出するよりも、犬は涼しい家で留守番させたほうが安心です。

まとめ

これからは日本の平均気温は上昇すると思われます。熱い季節が長くなります。人間の暑さ対策も真剣に考えなければならに時代です。大切な愛犬の命を守ることも考えましょう。

暑い季節になる前でも、ある程度の気温を超えたら、犬のためにエアコンを使いましょう。犬の居場所だけでもエアコンを使えば犬の熱中症は防ぐことができます。

日中、留守番をさせている家では必ずエアコンを使いましょう。