若犬の散歩

もし迎えた犬が穏やかな性格の飼いやすい犬ならば、ある程度しつけで、犬の行動を制御できて他人に迷惑をかけることなく暮らしていけることでしょう。ただ単に犬と一緒に近所を歩き、他の犬にも吠えたりしないで散歩ができていれば、それ以上は特に考えないことでしょう。

トイレは家で済ませ散歩中はさせないのが理想です。でもなかなか難しいことです。ただ、近所には犬が嫌いな人もいますし、他人の家の前でオシッコされるのもトラブルの原因になりますから、飼い主が許可したときにトイレをするようになれば、たとえ散歩中でも迷惑にならない場所でオシッコをさせることができます。

簡単ではありませんが、これくらいは頑張って教えたいものです。

散歩では人間より前を歩かない、飼い主の後をついてくるような犬が理想的です。教えるのは容易ではありませんが頑張りたいものです。

長いワイヤーをつけて人間の3m以上も前を歩かせている人を見かけますが、これはダメな見本です。犬は人間のことなど無視して自由に歩いていますので、犬は人間の言うことなど聞こうと思っていません。リードやワイヤーが外れてしまうと、飼い主が必死で追いかけますが、犬は鬼ごっこが面白くて逃げ回ります。必死で犬の名前を呼びながら犬を追いかけている人を見たことがありませんか。

リードさえ離さなければ迷惑をかけること滅多にないのですが、いつでも飼い主が呼べば戻ってくるように教えることは大切です。もちろんおやつが欲しくて戻ってくるのではダメですよ。

繰り返しになりますが、穏やかな性格の犬ならそこまでできなくても迷惑はかけません。問題はハズレの犬だった場合です。支配性の強い犬は成長するほど他の犬を威嚇します。他の犬や飼い主にっとっては大迷惑であり脅威に感じるでしょう。また狩猟本能が強いと雀や烏や鳩に飛びつこうとするだけでなく、走行中の自動車やオートバイにも飛びつこうとします。たいへん危険です。犬にとっては自然な成長なのですが人間社会では問題です。

このようなハズレの犬には、書店で売っているようなしつけの本を読んでも解決しないと思います。ほとんどが犬の行動を制御する方法ばかりなので、結局は「散歩しない」という結論になってしまいます。

私も苦労しましたが、最終的に森田式のしつけの考え方を知りDVDを買って勉強しました。森田式の理論を理解するのに時間がかかってしましましたが、半年位で中途半端ながらも成果を感じました。犬の行動制御よりも、犬との信頼関係を築くことを目的にした森田式は納得できるしつけ法だと感じています。

散歩のしつけは、家の中でのしつけと同じです。他の犬を見つけて興奮して吠えるようなことを止めさせるには、家の中でも興奮して吠えないようにしなければ上手くいきません。興奮してから吠えるのを止めさせるよりも最初から興奮しない犬に育てたほうが良いのです。

他の犬に吠えないで、犬が先頭に立たずに散歩ができれば迷惑をかけることはありません。

散歩が飼い主のストレスになってしまっては犬も可哀そうです。早い時期に従順な犬にするために頑張りましょう。

2.犬と室内で暮らすための若犬のしつけ

4.成犬の食事とおやつの正しい与え方