子犬の食事、ドライフード

子犬の主食は栄養バランスを考えるとドライフードが良いでしょう。缶詰などは食感は良いのですが栄養的には不十分のようですから子犬には適さないようです。子犬の時期は水分を含ませて柔らかくして与えるので手間と時間がかかります。2食分くらいなら作り置きもできるかもしれません。冷たいよりは少し温かいくらいが良いのではないかと思いますので工夫してください。

ドッグフードは安いものから高額なものまで様々あります。原材料の違いが価格の違いのようです。安価なものは小麦のような材料が中心で高価なものほど肉類が多くなるようです。当然のことですが犬にとっては小麦よりも肉のほうが好ましいわけですから、高価なドッグフードのほうが良いということになります。

今のところドッグフードに対する原材料表示の規定はないそうですが、業界の慣例として原材料表示は割合の多いものから順番に表示されているそうです。

確かにホームセンターで一番安いフードの原材料表示は「小麦粉」が最初でしたが、プレミアフードと呼ばれるオリジン(Orijen)オリジナルという製品では「新鮮放し飼い鶏肉、新鮮放し飼い七面鳥肉、新鮮天然イエローテイルカレイ、新鮮全卵、丸ごと大西洋サバ、丸ごと大西洋ニシン、ディハイドレート鶏肉、ディハイドレート七面鳥肉、ディハイドレートサバ」と表示されていました。

新鮮や放し飼いや天然などは必要ないと思われますが、鶏や七面鳥や卵にカレイやサバ、ニシンなど肉や魚しか使っていないということです。小麦と肉類では大きな違いなので価格差が納得できます。専門的なことはわかりませんが肉類のドッグフードのほうを子犬には食べさせたいと思います。子犬にとって栄養は体の成長だけでなく脳の発達にも必要なものです。

ドライフードの袋や外箱に表示されている給餌量は目安と考えましょう。厳密に測る必要はありません。

大切なことは子犬をよく観察して、子犬が食べたがるようなら少し多目に与えても問題ありません。子犬は必要以上に栄養を摂ると下痢をしたり軟便になるようです。下痢をしないように食べさせるのが良いかもしれません。たくさん食べれば子犬の成長も早くなります。早く大きくなります。可愛い子犬を維持するために餌を与えないのはダメです。子犬はコロンコロンと太っていたほうが良いのです。

逆にあまり食べない子犬もいるかもしれませんが、食事にノルマはありませんので給餌量に神経質にならずに子犬の状態を観察しながら食事の回数を工夫するなどしましょう。

子犬は可愛いので、色んな物を食べさせたくなるかもしれませんが、子犬の時期はドライフードだけにしましょう。歯が出てくればおやつも食べられますが、人間の子供と同じで、おやつばかり食べようとします。

市販のフードではなく、自分で調理した食事を与えようとする方もいるかもしれませんが、子犬の時期は栄養バランスを考えればお奨めしません。

1.子犬が来た日に最初にすること準備するもの

3.子犬のしつけ、室内で一緒に暮らすために