成犬の食事とおやつ

食事(餌)の基本はドライフードが良いと思います。必要な栄養が摂れます。ドライフードをポリポリ噛み砕いているような音をたてて食べますが、犬は人間のような奥歯がありませんので食べたものをすり潰すようなことが苦手です。

犬は本来肉食なので生肉を引きちぎって飲み込むような食べ方をします。ドライフードを少し濡らして食べさせると滑りが良くなりポリポリ音がしなくなります。私は以前はドライフードを霧吹きで濡らしていましたが、今は少しのお湯で濡らして与えています。濡らせば犬は飲み込むようにして食べてしまいます。

半生タイプの缶詰は食べやすいようで犬も喜んで食べます。しかし私が調べた限りでは缶詰は栄養的には不十分で、なによりもほとんどの製品が小型犬用のものばかりです。大型犬の必要な営業を摂るには何個もの缶詰を食べなくてはいけません。

また缶詰を食べてしまうと食感が良いのでドライフードを食べなくなる犬もいるようですからよく考えて与えましょう。

ドライフードも色々とありますが、ある程度の品質の良いものを選びましょう。肉質が多いフードは消化も良くウンチもコンパクトです。良いフードほど犬の食いつきも良いのではないでしょうか。

ドッグフードの原材料表示は厳密な規定はないようですが、慣例として多く使用している順番に表示しているようです。原材料表示を確認して、最初に小麦粉などと表示されているものは避けましょう。安いでしょうが栄養面では足りないです。また消化吸収の問題もありそうです。

わが家のおやつは、以前は業務用の冷凍ささみ肉を茹でたものをおやつにしていましたが、今は国産のささみジャーキーだけに落ち着きました。

最初の頃は、おいしそうな肉のついた骨やジャーキーなど色々と買っては与えましたが、おやつが一番になってドライフードを食べなくなったりしたこともあります。以前テレビの旅番組で男優さんが愛犬と一緒に一泊二日の旅行をしてるのを見ました。犬と泊まれるホテルでは、犬用の豪華なバイキングがあり贅沢な夕食が売り物のようでしたが、男優さんが犬が家に帰ってからドッグフードを食べなくて困ったと言っていました。可愛い犬に美味しいものを食べさせたい気持ちは理解できますが、よく考えておやつは与えましょう。

人間と愛犬の良好な関係は食事とは関係ないもので築きましょう。

犬は消化する時間が長いので、昔は1日1食とされていたようですが、今では朝と夜の2食が一般的です。わが家では朝食と夕食は人間と一緒に食べ、昼食の時間は犬はおやつを食べます。

食事の量はフードの説明書をあまり気にしないで犬の運動量などを考えて、その犬の適量を判断しましょう。ブリーダーに教えられたのですが、犬が食べたがるなら消化不良にならなければ多めに与えても良いとのことです。逆に小食の犬もいますので元気であれば無理に食べさせる必要はないようです。

真似をしないでほしいのですが、わが家の犬は牛乳が好きで毎食牛乳を1リットル飲みます。今は健康を考えて低脂肪乳にしていますが朝食と夕食に各1リットル、おやつに500cc以上飲みます。わが家の犬はこれでも健康ですが真似しないでください。

人間と同じものは食べさせてはいけません。塩分の問題もありますが、一度食べると食べても良いものと認識して人間の食卓のものを食べようとします。犬は甘い味はわからないようですが、甘い匂いはわかるようです。ケーキなど食べさせてしまうと大変なことになります。

犬用のケーキなども売っていますが、犬がケーキだからと喜ぶとは思えません。ケーキの材料は小麦や芋だということですが、どちらも犬の必要な栄養ではありません。犬の誕生日を祝うならば毎日食べているおやつを少し多く食べさせてあげるほうが犬は喜ぶような気がします。個人的な意見ですが。

台所にある人間の食材には犬にとって危険なものもありますので注意しましょう。好奇心の旺盛な犬が勝手に食べてしまわないよう注意しましょう。

3.若犬の散歩のしつけで大切なこと

5.犬の「咬む」気持ちを理解する